亜鉛サプリの副作用って知ってる?症状もしっかりチェックしておこう

亜鉛は私たちの体に不可欠なミネラルの1つ。赤身肉や鶏肉・魚介類・穀物・ナッツ類・乳製品など、多くの食品に含まれています。不足しないようサプリで補う人も多いのですが、過剰摂取による副作用も気になるところ。あなたは大丈夫ですか?

 

亜鉛サプリには副作用も?!その症状とは

亜鉛が不足すると体にいろいろな不調が現れます。しかし亜鉛が不足するのと同じほど、摂りすぎも体に悪いことをご存知でしょうか?

 

主な症状はめまい・頭痛・吐き気などがあげられます。サプリの効果を上げるためにも、バランスのとれた食生活と一緒に正しい摂取量を守ることが大切です。

 

亜鉛についてもっと知ろう

そもそも「亜鉛」ってなに?

亜鉛は新陳代謝に必要な酵素の機能を刺激する、人間の体に不可欠な成分です。免疫機能の強化やDNAの合成、細胞の再生など、生命を維持するための大切な働きがあります。

 

不足すると肉体的疲労を感じたり、性機能の低下やお肌のトラブルが発生することも…。また臭覚や味覚の欠如や脱毛といった症状が現れる可能性も起こっています。

 

亜鉛をたくさん含む食品

以下はTOP10に選ばれた亜鉛を含む食品です。

  • 牡蠣
  • 小麦胚芽
  • 牛肉
  • かぼちゃの種
  • ナッツ類
  • チョコレート
  • 豚肉
  • 豆類
  • マッシュルーム
  • ほうれん草

 

ベジタリアン傾向の人は、トウモロコシ・エンドウ豆・じゃがいも・カボチャ、豆類やナッツ類を多く摂るようにしましょう。また果物は亜鉛が少ないのが一般的です。

食事で亜鉛を摂取するときは食材の組み合わせにも気を付けたいもの。吸収率を良くするにはビタミンCをプラスするといいでしょう。反対にカルシウムと同時に摂取すると吸収が妨げられます。

 

亜鉛はどれくらい摂取したら良いの?

1日の推奨摂取量は成人男性で10㎎、成人女性の場合は8㎎です。妊婦さんは約2㎎、授乳されているママは約3㎎多く摂取しましょう。

 

因みに耐容上限量は男性が40~45、女性が35㎎。サプリを使用するのならこの上限を超えないよう、食物から摂取する亜鉛を考慮して上手に取り入れてください。

 

参照:厚生省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(http://www.mhlw.go.jp)

 

亜鉛サプリから得られる効果が知りたい!

免疫力の向上効果

亜鉛は白血球細胞を増加させ免疫力を向上させる作用があります。免疫力アップで風邪をはじめとした感染症から体を守り、糖尿病や高血圧といった生活習慣病の予防にも繋がると言われています。

 

精力の向上効果

精子を作る成分でもある亜鉛は、男性の間では精力剤として注目されています。精子の量・質ともに向上が期待できるのはとても嬉しいですね。また勃起不全は亜鉛の不足が原因の可能性もあると言われています。

 

味覚の正常化

味覚障害の最も多い原因は亜鉛不足と言われているほど。舌にある味を司る細胞「味蕾」は新陳代謝がとても激しい部分で、正常に細胞が生まれ変わるよう亜鉛が不足しないように気を付けましょう。

 

タンパク質の合成効果

タンパク質の合成効果は細胞分裂を促すことから、お肌や成長への影響が期待できます。健康的なお肌やアンチエイジング作用の他、髪や爪などにも作用します。

 

そして細胞分裂が盛んな乳幼児、或いは妊婦さんや授乳中のママにも大切な栄養素になります。

 

知っておきたい副作用のこと

体に良いからと言って、亜鉛の過剰摂取は副作用を起こしかねません。一度に摂る量が多すぎたり、長期にわたり過剰摂取し続けた場合、主に以下のような副作用が見られます。

 

吐き気や頭痛

吐き気は体が亜鉛を受け付けていない場合に起こることが多いよう。つまり過剰に摂りすぎているケースと言えるでしょう。

 

本来なら亜鉛は免疫アップに効果があると考えられていますが、摂りすぎると逆効果。免疫が低下し、その結果頭痛が起こると考えられます。

 

倦怠感

体全体に倦怠感を感じることがあります。微熱を伴うこともあります。

 

発熱

発熱もよく起こる副作用です。頭痛と同時に発熱することがよくあります。

急性中毒の危険性も…

一回の摂取量が2gを超えてしまった場合、急性中毒になる可能性があります。症状は上記にあげたものの他、めまいや胃痛などを感じられることもあります。

 

亜鉛が欠乏した時の症状にも要注意!

免疫力の低下

免疫力が低下すると体調が崩れやすくなりますね。いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。普段から病気の予防に亜鉛は欠乏しないように心がけましょう。

 

性機能の低下

上記でも触れたように、男性は精子が不足したり、勃起不全にもなりかねません。

女性の場合は卵子の質が低下し、生理不順の原因の1つとも考えられています。

 

視力の低下

新しい細胞を作り出す亜鉛の作用が低下すると、それは目にも影響を及ぼします。暗いところのものが見えにくくなったり、色盲などの視覚障害になる可能性があります。

 

貧血

亜鉛の期待できる効果の中に「タンパク質の合成」がありましたね。不足すると、例えば赤血球膜が上手く合成されず、壊れやすくなってしまいます。正常な赤血球が少なくなるので貧血になると言われています。

 

亜鉛サプリの副作用もしっかり確認しておこう

そもそもバランスのとれた食生活を心がけていれば亜鉛が不足することはあまり考えられません。しかし食生活の乱れや、急激なダイエット、不足になる要因も私たちの周りにはたくさんありますよね。

 

上手に亜鉛サプリを利用して、健康な体を手に入れたいもの。副作用を起こさないように1日の摂取上限を必ず守りましょう。また数か月サイクルで摂取とお休みを繰り返すなどの方法も効果的です。